木の家施工例

あんな家こんな暮らし

林邸

   所在地:滋賀県守山市
家族構成:夫婦+子ども2人
竣工:2008年4月
設計:宮村太設計工房
施工:藤田工務店(株)

どんな家に?

最初は全く木の家を考えていなかったんですよ。大学の先輩である藤田雅樹さん(藤田工務店)に薦められて行った見学会で意識が変わりました。

爽やかな木の香りと温かみに「本物は違う」と思いました。妻も「和風の古いイメージを持ってたけど、ぜんぜん違う。かわいい」と一目で気に入り、これは木の家しかないと夫婦の意見は一致しました。



山に行ってみる。

大黒柱を伐りに山へ行ったことが印象的でした。年輪を数えてみるとなんと105年!切り株の根元には赤ちゃんの苗が育っていて、最初はこんなに小さかったんだと胸がジンとしました。栗本さんから山や木のことを教えてもらったことも心に残っています。農業を営む私にとって、地産地消の思いには深く共感するところがありました。

快適空間で子育て。

木の家に暮らして感じるのは、一年通じてとても過ごしやすいこと。特に夏は快適。涼しくてクーラーいらず。「ここは避暑地やなぁ」と友人にも評判です。

一番お気に入りの場所は、日がよく入る居間。フローリングにペッタリ座って子どもを遊ばせてることが多いですね。お日様の日差しを浴びていると、ぽかぽかしてつい眠たくなっちゃいます・・。あと、木の家って汚れが気にならない。それは私だけかしら(笑)



将来の楽しみ。

夫婦共通の趣味はお酒。設計をしてもらう時も、ゆっくりお酒を楽しめるようにリクエストしました。雰囲気のある照明やお酒専用の棚など、準備は整っているけど、実際は子育てに追われてまだまだ先の話になりそう。今は子どもを中心に、木のやわらか空間に歴史を刻んでいるところ。そんなドタバタの日々で出来た家のキズを肴にお酒を交わす日が楽しみです。




林さんは、滋賀県の特産品、守山メロンを栽培しておられます。丹精込めた春作メロンの販売は6月頃。ワインやゼリー、シャーベットなどの加工品もあります。ぜひ一度ご賞味下さい。詳しい情報はJAおうみ冨士モリヤマメロン部会

ページトップ