会の紹介

森林整備に向けた取組 「小規模林業地ならではの 需要直結型の間伐促進」

取組紹介:製材研修

研修を進める中で、研修に参加いただいた森林組合作業班の皆さんからは、「搬出・造材技術と、最終製品としての住宅をみるだけでは、その間のつながりが分かりにくい」という声があがりました。そのため、造材した木の製材を見学してもらう研修会を、追加的に行いました。

作業班の皆さんは、「自分たちが伐った木を、どのように製材するのがいいか」という問いを製材技術者にぶつけたのですが、製材技術者からは「それは考えが逆。原木を調達する際に、既に用途は決まっている」との答え。造材してから何に使おうかと悩んでいるようでは駄目、製品をイメージして造材しなければならないという、作業班の皆さんにとっては発想の逆転を学ぶ機会になりました。



ページトップ